NV100クリッパー リオ

チェアキャブ

チェアキャブ


チェアキャブ

大きな車いすが乗せられる、
小さな車いす仕様車

NV100 CLIPPER RIO NV100クリッパー リオ
Photo:
NV100クリッパー リオ チェアキャブ(2WD)。ボディカラーはスノーパールホワイト(3P)〈#Z7T〉(特別塗装色)。内装色はベージュ〈C〉。車両本体価格:2,032,000円(消費税非課税)。価格には特別塗装色:20,000円(消費税非課税)が含まれます。※車いすは参考例です。

2,012,000円〜
(消費税非課税)

  • スロープ
    耐荷重
    200kg
  • 定員4

このクルマの魅力

リクライニング車いすも余裕の室内空間

  • クラストップレベル※1 1,410mm

    *1 軽キャブワゴンクラスの車いす仕様車。2019年7月現在、日産調べ。同製造事業車種も同様。

    写真の車いすは参考例です。

  • クラストップレベル※2 1,510mm

    リヤシート付車*2の中で
    一番広い室内空間

    *2 軽キャブワゴンクラスの車いす仕様車(リヤシート付車)のリヤシートを格納した状態。2019年7月現在、日産調べ。同製造事業車種も同様。

車いすと並んで座っても4名乗り

便利なシートアレンジ

写真の車いすは参考例です。

  • 4名乗車

    車いすを乗せない時はリヤシート2名座ることが出来ます。

  • 4名乗車

     

  • 3名乗車

    ※リヤシート全てを格納した状態。

先進安全装備を標準装備

インテリジェント エマージェンシーブレーキ*3

2つのカメラで前方の車両や歩行者を夜間でも検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

■NV100クリッパー リオのインテリジェント エマージェンシーブレーキは、自車速度約5km/h~約100km/hで走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合に作動します。作動したときの速度が約5km/h~約50km/h(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動(衝突被害軽減)ブレーキが作動する場合があります。■自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。■自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

踏み間違い衝突防止アシスト*3

  • 踏み間違いによる急発進を回避。駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD・2・L(前進)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速を抑えて、踏み間違いなどによる衝突回避に貢献します。
    ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

■シフトがD・2・Lの位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合に作動します。

LDW(車線逸脱警報)*3

  • 走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

■約60〜100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。システムが車線をはみ出すと判断した場合に作動します。

インテリジェント DA(ふらつき警報)*3

  • 走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

■約60〜100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。システムが「ふらつき」と判断した場合に作動します。

先行車発進お知らせ*3

  • 停車時、前方車両が発進して約4m以上離れても停車し続けた場合、メーター内の警告灯やブザーで警告。ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

ハイビームアシスト

  • ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

■約30km/h以上で走行中、ライトスイッチレバーのつまみを「AUTO」の位置に回し、ヘッドライトが点灯した状態でレバーを車の前方向に押し、ハイビーム位置にしているときに作動します。■ハイビームアシストは、天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動に切り替えるなど安全運転を心がけてください。■ハイビームアシストは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

*3 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。


ムービー

※本動画は、当該車両と一部仕様が異なります。

関連情報

▲

ページトップに戻る