現在位置:日産ライフケアビークル ホーム > 介護サービス向け ライフケアビークル > 介護タクシーとは
文字サイズを変更する ↑ 大きくする大きくする ↓ 小さくする小さくする
介護サービス向け ライフケアビークル
ライフケアビークルに関する疑問・質問などお持ちの方はこちらで解決できます。ご覧になりたいメニューをお選びください。
介護タクシーとは求められている介護タクシー事業にあわせて車選び先輩・行政書士のアドバイスQ&A

介護タクシーとは、歩行が困難な方や車いすを利用している方の移動をお手伝いするタクシーです。
一般のタクシーのように流しはできず、完全予約制。
それだけに、利用者との信頼関係による固定客の獲得が期待できます。
介護タクシーの認可には、通常の介護タクシーと、訪問介護事業者などが要介護者(利用者)を対象に行う、医療施設等との送迎輸送があります。後者の場合、要介護者(利用者)は、介護保険適用で介護タクシーを利用することになります。

開業の詳細は、行政書士さんに相談してみてください。

行政書士とは、簡単に言うと官公署に提出する書類などを代行する業者。
介護タクシーの事業許可申請は、複雑で面倒な手続きが必要になるため、ほとんどの方が行政書士に申請を代行してもらっています。

こんな装備がついています

全自動リフター

簡単なボタン操作で乗降できる全自動リフター。
利用者はもちろん、
タクシー事業者もラクラクです。

スロープ

地面にスロープが接地しているため、車いすを押して乗り込めるので、利用者が怖がりません。電動タイプと手動タイプがあります。

ここにあげたフローはあくまで一例です。
開業にあたっての申請方法は各都道府県によって異なります。
詳細はお近くの行政書士さんにお問い合わせください。