お出かけの悩みはここで解決!

何を持っていくの?【天気の悪いとき編】

1.杖を使用の場合

○お出かけする際はレインコートを

①雨の中をお出かけする場合は、できれば傘ではなく、体をすっぽり覆うレインコートやポンチョを着ましょう。杖を使っている方は足元がおぼつかないので、傘もさすと、体のバランスをとりにくく、足元がふらつきやすくてとても危険です。

②レインコートやポンチョは足元にまとわりつきにくい素材を選んでください。また、つばの広いレインハットをかぶってからレインコートのフードをかぶると、視界を妨げず、雨にも濡れにくくなりますよ。

レインハットの写真

レインハット
写真:株式会社キンカメ

2.車いすを利用の場合

○車いす用のレインコートもあります

①ひどい雨や風のときは、できるだけ外出は控えましょう。地面が滑りやすくなり、前も見えにくいので、危険が増してしまうからです。

②少しの雨なら、車いす用のレインコートやポンチョなどがあります。体だけ覆うタイプ、車いすごと包むタイプ、下半身用など、いくつか種類があります。

車いす用レインコートの写真

車いす用レインコート

写真:株式会社アトリエロングハウス内 ピロレーシング事業部
Piro Racing store

※ここでも、杖の場合と同様、レインコートのフードの下につばのあるレインハットをかぶると、視界が開けます。

③シルバーカーに傘を取り付けることができる傘スタンドもあります。また、傘スタンドは車いすにも付けることができます。ただ、車いすに取り付けると介助者の視界を妨げる場合もあります。使い勝手を確認してから利用しましょう。

車いす用レインコートの写真

傘スタンドG-86
写真:(株)サンコー
※現在、上記商品はホームページに掲載されていません。

④車いすの方は、歩いている方より顔・体の位置が低く、泥はねがかかりやすいです。同行される方はその点を認識した立ち位置等でご配慮ください。

関連記事:何を持っていくの?【服装・靴編】お年寄りのお出かけ時の服装は?


お問い合わせ(当サイトへのお問い合わせはメールにて承ります)