お出かけの悩みはここで解決!

どうやって行く?【タクシー編】タクシーを利用してお出かけするときは?

1.普通のタクシー以外にもいろいろな種類があります

①介護タクシー(通院等乗降介助)

介護保険を使用して、病院などへの送迎に利用することができます。乗務員は必ずヘルパー資格を持っていて、乗り降りの介助なども可能です。
ただし、利用には細かい制約などがあるので、ケアマネジャーに相談しましょう。

御国タクシー(京都府京都市)

写真:御国タクシー(京都府京都市)
LVマガジン「アンシャンテ」ページ

ケアマネジャー(介護支援専門員)
介護保険制度において、要支援または要介護と認定された方が、適切な介護サービスを受けられるように支援し、ケアプラン(介護サービス計画)の作成や、さまざまな調整を図る専門職です。

②福祉タクシー

介護保険制度とは関係なく、車いすをお使いの方などが外出のために利用できます。乗務員がヘルパー資格を持っていない場合もあるため、介助サービスが受けられないことがあります。
障がいのある方に交付される福祉タクシー券なども利用できますが、自治体ごとに制度が異なるので、地域包括支援センターや市町村の窓口で確認しましょう。

NV350キャラバンチェアキャブ

写真:NV350キャラバンチェアキャブ

地域包括支援センター
地域の人々の保健や福祉、医療などについて専門家が相談に応じ、市町村と連携して総合的な対応を進めます。大切な機能として虐待防止や介護予防マネジメントなども行います。介護や介護保険に関して、何でも相談をしてみましょう。

③ユニバーサルデザイン(UD)タクシー

乗り降りの段差を低減するためにステップがあったり、車いすのまま車内に乗り込むことができます。セダンタイプではなく下記写真のようなワンボックスタイプのタクシーです。セダンタイプに比べるとまだまだ台数は少ないですが、ご近所のタクシー会社が導入していたら、お出かけの選択肢に入れてみませんか?

日産NV200バネットタクシー

写真:日産NV200バネットタクシー

■iタウンページ
NTTの電話帳「iタウンページ」にも福祉タクシーが掲載されています。
(ジャンル→医療・健康・介護>介護・福祉>福祉タクシー)

■NPO法人日本福祉タクシー協会
NPO法人日本福祉タクシー協会に加入している、福祉タクシーの事業所が紹介されています。

2.タクシーを利用するときのポイント

①1.の①介護タクシー、②福祉タクシーは予約が必要です。上記■iタウンページ等やケアマネジャーさんを介して予約できる体制を確認しておきましょう。③ユニバーサルデザイン(UD)タクシーは街中で普通のタクシーとして営業していますが、現状台数が少ないので、ご近所のタクシー会社が導入していたら、前もって予約することをお勧めします。

②普通のセダン型のタクシーの場合、車いすの大きさや形状によっては、タクシーのトランク等に入らないことがあります。車いすを人が乗る座席に載せることにより、予定していた人数が乗れない場合もあります。
車いすの方とお出かけでタクシーを利用する場合は「車いすを載せたい。折りたたむと縦・横・幅それぞれ○○cmぐらい。人数は○人だけど大丈夫か?」と予約時に確認することをお勧めします。

関連記事:どうやって行く?【電車・バス編】電車・バスなど公共交通を利用するには


お問い合わせ(当サイトへのお問い合わせはメールにて承ります)