お出かけの悩みはここで解決!

何を持っていくの?【杖を使っている編】杖を選ぶ・もつ

杖を選ぶ

○初めて杖を選ぶときは
杖は、体にあったものを選ぶことが肝心です。まずは、医師や理学療法士に相談しましょう。

理学療法士(PT)は、体に障がいのある人に、主に基本的動作の回復を図る専門家です。作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)とともに、リハビリテーションを担います。

○杖の種類はいろいろあります
一般的なT字杖(ステッキ)の他にも、体の状態によっては安定性の高い多点杖という杖先が3点や4点あるものや、腕全体で支えるものを勧められることがあります。そのなかから、色や形、サイズ、材質など、自分に合ったものを選びましょう。

杖の種類(T字杖、多点杖、腕で支えるタイプ)

○オシャレな杖をもつとお出かけも楽しみになります
杖によっては、カラフルなもの、デザインの凝ったものもあります。ぜひ、お気に入りの一品を選んでください。福祉用具店などには福祉用具専門相談員がいることが多いので、気軽に相談してみてください。

福祉用具専門相談員は福祉用具の選び方や使い方などのアドバイスをする専門家。
 介護保険による福祉用具貸与事業所には、福祉用具専門相談員が必ずいます。

○こんな杖もあります
片手で伸縮できる折りたたみ式の杖や、常時携帯に便利な4つ折りで折りたためる杖も登場しています。

杖の写真

写真:株式会社マキライフテック(折りたたみ杖OT-001)

雪道や凍結路面でも滑りにくい、寒い地域仕様のアイスピックという、杖先端につける器具もあります。

アイスピックの写真

写真:株式会社島製作所

関連記事:何を持っていくの?【車いすを使っている編】


お問い合わせ(当サイトへのお問い合わせはメールにて承ります)