お出かけの悩みはここで解決!

どうやって行く?【マイカー編】マイカーでのお出かけ

1.行く先を選ぶとき

①季節を感じさせてくれる場所を
お花見や紅葉狩りなど、季節を感じさせてくれるドライブは、デイサービスや福祉施設でも人気のトップ。遠出でなくとも身近なスポットを探してみましょう。

②途中のトイレ休憩先を事前にチェック
自治体によっては、バリアフリートイレマップがあるので、役場の観光課や観光協会のホームページをチェックしてみましょう。また、全国の情報を集めているサイトもあります。全国の一般道で休憩に便利な「道の駅」には、ほとんど、バリアフリーや障がい者用トイレがあります。高速道路を使うなら、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)の情報をチェックしましょう。
■みんなで作ろう 多目的トイレマップ
■全国車椅子トイレマップ
■全国道の駅ガイド
■ドラぷら

(「サービスエリア情報」 → 各高速道路会社のサイトへ → 詳細ページでトイレ情報などに)

③時間帯による渋滞を避ける計画をたてましょう
渋滞予測や渋滞情報をインターネットや電話でも確認できます。

■日本道路交通情報センター (JARTIC)
(電話確認:TOPページ→個人の方→個人向け情報提供サービス→電話応答)

日本道路交通情報センター全国共通ダイヤル
TEL:050-3369-6666(ガイダンス番号による案内)
※番号をよくお確かめのうえおかけください。

2.持ち物は?

○冷え対策に大判のショールやバスタオルを忘れずに
お年寄りや小さな子供は体温調整が苦手。夏も薄い上着や膝かけを忘れずに。大判のショールやバスタオルは、肩かけにも膝かけにもなり、何かと便利ですよ。

○十分な水分補給と安心できるトイレ休憩
お年寄りはトイレを心配して水分補給を控えてしまう方もいます。トイレ休憩の時間をきちんと確保して、安心して水分をとれるようにしましょう。

○足置き台(オットマン)を使うと疲れにくくなります
少し長いドライブには、足置き(オットマン)があるとリラックスした姿勢がとれるので疲れにくくなります。牛乳パックを利用しても手軽につくれます。
 [写真提供]いきいきデイサービス り・らいふ芥見(岐阜市)

~足置き台の作り方~

○用意するもの

ひざかけをたくしこんでいる様子

・牛乳等の紙パック(たくさんあると大きくできます)
・布製粘着テープ
・段ボール

○作り方(いろいろ方法がありますが、その一つを参考に)

1:牛乳等の紙パックを開いた形から、頭と底の部分を切取り、丸めて3角柱を作り、布テープでとめます。

杖置きのついた車いす

2:上記の三角柱を何本も作り、並べて布テープでとめます。(大きさは並べる数で調整)

杖置きのついた車いす

3:段ボールの形を整えて、空いている上と底の穴を段ボール(強度を強くするため2枚重ね)でふたをしたら、ほぼ完成。防水のための梱包材やきれいな紙などを貼って飾ると見栄えが良くなります。完成です。

杖置きのついた車いす



お問い合わせ(当サイトへのお問い合わせはメールにて承ります)