お出かけの悩みはここで解決!

何を持っていくの?【服装・靴編】お年寄りのお出かけ時の服装は?

1.軽く、オシャレに、機能性を重視して

○服装は

①服装により、心構えが変わります。きれいな色、オシャレなデザインの服を着ると、気持ちが明るくなり、誰かに見てもらいたくなるものです。そのような服が一着でもあるとお出かけが楽しみになります。

明るい色の上着

②基本の服装は着やすい、身動きがしやすいなど、機能性があり、軽い素材のものが良いでしょう。
また、お年寄りは腕を上げる動作が難しくなってきているので、上から被る形の服よりボタンなどで前側が開けられるものをお勧めします。

③上着も明るい色をお勧めします。着る方の気持ちを高揚させる効果の他、実用面として人の多い場所でも目立つので探しやすいというメリットもあります。
上着が地味になりがちでしたら、明るい色のスカーフを首に巻くなどする工夫もありますよ。

2.ズボンとスカートはどっちが良い?

○ご本人の好みとお出かけする場所で判断

ズボン姿①ズボンは、スカートより身動きがしやすいことや下半身を冷やさないという利点がありますが、着替えやトイレには幾分、時間がかかります。
<ズボンのアドバイス>
すそが広すぎるものよりは、適度につまっているものがおすすめです。歩くときに邪魔にならないだけでなく、公衆トイレで、すその汚れを気にせずに済むからです。最近では着替えやすいゴムなど伸縮性のあるズボンでも、スマートな形のものが手頃な価格で購入できるようになってきました。

スカート姿②スカートは、ズボンの逆の利点がありますが、オシャレがしやすいというのが最大のメリットでもあります。
<スカートのアドバイス>
下半身を冷やしすぎない、温めすぎないように下着の重ね着などで調整できるようにしておくことをお勧めします。

③どちらを重視するかによりますが、基本はお年寄りご本人の好みと、お出かけする場所で判断されるのがよいでしょう。

3.履物は?

○足に合った靴を履いていますか?

①歩くことは健康に良いことだといわれています。是非、足になじんだ、履きなれたお気に入りの靴でお出かけしましょう。

②歩行に少し不安が出てきた場合は、靴売り場で、シューフィッターなどに相談をして求めましょう。かかとが深めで、足の甲のベルトやひもで、しっかり足に固定できる靴をお勧めしてくれるはずです。
注)ただし、かなり歩行に困難がある場合には、医師に相談しましょう。

シューフィッターは、足と靴と健康協議会が認定する足の健康と靴の専門家です。

■一般社団法人足と靴と健康協議会
シューフィッターのいるお店の検索や、足と靴の健康について紹介しているサイトです。

関連記事:何を持っていくの?【天気の悪いとき編】天気が悪いときのポイントは?


お問い合わせ(当サイトへのお問い合わせはメールにて承ります)