現在位置:日産ライフケアビークル ホーム > カーラインアップ > ウイングロード 助手席スライドアップシート
文字サイズを変更する ↑ 大きくする大きくする ↓ 小さくする小さくする
WINGROAD ウイングロード アンシャンテ 助手席スライドアップシート
助手席が電動で回転・昇降する。
ライフケアビークルに関する疑問・質問などお持ちの方は こちらで解決できます。 ご覧になりたいメニューをお選びください。
 
出かける喜びを、一人でも多くの方へ。
多機能スライドアップシート搭載!
使いやすい4つの機能
1. 多機能ワイヤレスリモコン
シートの出し入れ、リクライニング、室内スライドを簡単操作。
2. 速度変更
シートの回転・昇降がスピードアップできます。
(人が乗っていないとき)
3. 姿勢がゆったり
ひざを大きく曲げることなく、ゆったり座れます。
4. シートの下降高さメモリー
低い位置だけでなく、高い位置でもお好みに合わせてメモリー(設定)可能。


ウイングロード イメージ
Photo:アンシャンテ 助手席スライドアップシート 15M authentic。
ボディカラーはキングフィッシャーブルー〈#B44〉。
内装色はブラック〈G〉。

動画を見る  
お見積もり例を見る
 
おすすめチャート 妊婦や小さな子供を乗せたい 和服を着る機会が多い 足元がおぼつかない ペットをのせたい ケガ中でも移動が多い 車いすでの移動が多い 手動運転装置で運転したい 福祉施設で送迎する
助手席スライドアップシート        
操作方法
操作方法 イメージ(1) 操作方法 イメージ(2) 操作方法 イメージ(3)
 
回転〜下降(電動)
 
ワイヤレスリモコンまたは昇降スイッチの出側を押します。
回転可能位置まで移動し、回転を始めます。
シートが自動的に後方へ傾き、頭上スペースを確保しながら回転・下降します。
お好みの高さで、シートの降りる位置をメモリー(設定)できます。
※写真は降車時を再現しています。乗車時はこの逆の操作となります。安全のため、シートの操作は介助者が行ってください。
標準装備
1.多機能ワイヤレスリモコン 2.シート回転・昇降の速度変更可能
多機能ワイヤレスリモコン
a.シートリクライニングスイッチ b.シートスライドスイッチ
スピードアップ
スロー
a.シートリクライニングスイッチ
b.シートスライドスイッチ
シートの昇降、速度変更、リクライニング、スライドの機能をリモコンに集約。
※「1または2」を押しながら「3」のボタンを同時押しすることでシートの昇降がスピードアップ(約1.2倍)します。
※「1または2」を押しながら「4」のボタンを同時押しすることでシートをスロー動作できます。
シートスライド&シートリクライニングは、リモコンで操作可能。スライドアップシートにお乗りになる方はもちろん、同乗者の方も簡単に操作できます。(シート操作スイッチはシート右側下部にも装備しています)
※最前傾位置は垂直から後に21°です。最前傾位置から後に35°リクライニングします。
〈ワイヤレスリモコンのボタン「1または2」と3を同時押し〉
人が乗っていない時は、シートの回転・昇降をスピードアップさせることができます。
〈ワイヤレスリモコンのボタン「1または2」と4を同時押し〉
人がお乗りの時は、通常またはスローでのみ回転・昇降します。
   
速度の変更 スピード
アップ
スロー 通常
人が乗っていない時
人がお乗りの時 ×
3.ゆったりとした座り姿勢 4.高さメモリー(設定) 5.胸部固定ベルト
ゆったりとした座り姿勢
高さメモリー(設定)
胸部固定ベルト
フットレストに足を乗せやすく、ひざを大きく曲げることなく、ゆったりとした姿勢で座ることができます。
シート左側下部のメモリースイッチを長押しすることで、お好みの位置をメモリー設定/解除できます。(イラスト参照)
お使いの車いすの高さやお乗りの方の身長に合わせ、ぴったりの位置までシートの高さを調整できます。
着座姿勢をサポートします。姿勢が安定し、ドライブ中も快適です。
※胸部固定ベルトはシートベルトではありません。走行中は必ず車両のシートベルトを着用してください。
ご検討にあたってご留意いただきたい点
シートに深く着座できない方、ひざが曲がらない方は、足がボディにあたり、座った状態でのシートの回転が困難になりますのでご注意ください。
座高の高い方、首の曲がらない方は、頭部がドア開口部にあたり、乗車が困難になりますのでご注意ください。(写真A参照)
介助者の力が弱い場合には、乗り降りが困難になります。また、安全のため各操作は介助者が確実に行ってください。
助手席スライドアップシートにはチャイルドシートが装着できません。
助手席スライドアップシートに標準装備の「胸部固定ベルト」はシートベルトではありません。走行中は必ず車両のシートベルトを着用してください。
助手席スライドアップシートの後側の座席は、スライドアップシートのユニットがあるため、足元スペースが狭くなります。(写真B参照)
ドア開口部   助手席スライドアップシートの後側の座席
アンシャンテは、ベース車に対し装着されない装備があります。詳しくは主要装備一覧をご覧ください。
2016年6月現在