機能・装備

標準装備

  • 全自動リフター

    全自動リフター

    リモコン操作のみで、簡単に車いすを乗せられます。リフターの動きも滑らかで音も静か。車いすの方も安心してご利用いただけます。

  • 車いす固定装置(電動式)

    車いす固定装置(電動式)

    車いすの後方から、フックを左右2カ所にかけるだけで、スイッチ操作でスピーディにしっかりと固定できます。

    ※アンカープレートは、特殊車いす固定ベルトと セットでオーテック扱いディーラーオプションです。

  • 車いす用ELR付3点式シートベルト

    車いす用ELR付3点式シートベルト

  • 車いす固定用ベルト(車いすを収納した状態) 車いす2名仕様、車いす1+1名仕様

    車いす固定用ベルト(車いすを収納した状態)車いす2名仕様、車いす1+1名仕様

    車いすを収納できるスペースを設けました。車いすが倒れないように固定するベルトです。

  • 車いす固定用ベルト(車いすを収納した状態) 車いす4名仕様

    車いす固定用ベルト(車いすを収納した状態) 車いす4名仕様

  • バックドア乗降グリップ

    バックドア乗降グリップ

    バックドアからの乗降に便利です。

  • バックドアストラップ/夜間照明灯(2灯)

    バックドアアシストベルト/夜間照明灯(2灯)

    バックドアを閉めるときに便利なストラップと、夜間のリフター操作を明るく照らす夜間照明灯をバックドア内側に2灯装備。

  • マップランプ

    マップランプ

    運転席の手元を照らしてくれます。運行日誌の記入に便利です。

  • リヤクーラー後席個別吹出し

    リヤクーラー後席個別吹出し

    各座席の上からクーラーの風が出てきます。

  • アシストレール(通路左側ボディサイド)

    リヤヒーター

    ボディサイドに装着されます。

  • リヤヒーターコントローラー

    リヤヒーターコントローラー

    チェアキャブは運転席から操作しやすいように運転席側サイドトリム上部に装着しています。

  • 専用シート地

    専用シート地

    後席は汚れがつきにくく、汚れを拭き取りやすい専用のシート地を使用しています。

  • スライドサイドウインドウ

    スライドサイドウインドウ

    運転席側のみ。

  • アシストグリップ(左右窓上ルーフサイド6個)

    アシストグリップ(左右窓上ルーフサイド6個)

  • 乗降グリップ(リヤ)

    乗降グリップ(リヤ)

  • オートステップ

    オートステップ

    スライドドアの開閉に連動したステップです。運転席のスイッチでON/OFFの切替えが可能です。〈耐荷重:110kg〉

    ※数値は参考値です。

  • 乗降用手すり( スライドドア前側・グリップパイプ一体)(スライドドア後側)
  • 乗降用手すり( スライドドア前側・グリップパイプ一体)(スライドドア後側)

    乗降用手すり(スライドドア前側・グリップパイプ一体)(スライドドア後側)

    スライドドアからの乗り降りと車内の移動をサポートします。視認性の良いオレンジ色のソフトタッチのグリップカバー付き。

    ※車いす4名仕様は、乗降用手すり(スライドドア後側)がオーテック扱いオプションとなります。

チェアキャブ 車いす4名仕様専用

  • 格納フロア(折りたたみ式フロア)
  • 格納フロア(折りたたみ式フロア)

格納フロア(折りたたみ式フロア)

車いすの方4 名を乗せる時は展開してフロアを平らにします。格納するとスライドドアからの乗降がしやすくなります。

  • サード脱着式補助席
  • サード脱着式補助席
  • サード脱着式補助席

サード脱着式補助席

取り外しができる補助席です。リクライニングタイプの車いすを乗せるなど、送迎の状況に合わせて取り外し、右側リフターカバーの上に収納することができます。収納時には座席として使えません。


ボディカラー/内装

ボディカラー

  • インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)
  • ホワイト〈#QM1〉
  • ブリリアントシルバー(M)〈#K23〉

インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)

※ボディカラーは、表示する画面の関係で実際の色とは異なって見える場合があります。

※ボディカラーのイメージを表すもので、当該車両と異なります。

※(PM)はパールメタリック、(M)はメタリック、(3P)は3コートパール、(P)はパールの略です。

内装

  • Photo : ワゴンDX。標準幅 標準ルーフ。内装色はダークグレー〈W〉。
  • Photo:チェアキャブ 車いす1+1 名仕様(2WD・ガソリン)。ボディカラーはホワイト〈#QM1〉。内装色はダークグレー〈W〉。オプション装着車。車いすは参考例。

※表示する画面の関係で実際の色とは異なって見える場合があります。


操作方法

  • 車いすで乗車
    ※車両は旧型です。

  • スライドドアから乗車
    ※車両は旧型です。

  • 専用ストレッチャー(オプション)で乗車(リフター上固定)
    ※車両は旧型です。

全自動リフターの操作(車いすを乗せる場合)
リモコンのボタン操作で、昇降・スライドします。

  • 車いすをリフターのプラットホームに乗せ、ブレーキをかけ、車いすを固定装置で固定します。

    車いすをリフターのプラットホームに乗せ、ブレーキをかけ、車いすを固定装置で固定します。

  • リモコンの「入」ボタンを押すとフラッパーが自動的に起きあがり、リフターが上昇を開始します。

    リモコンの「入」ボタンを押すとフラッパーが自動的に起きあがり、リフターが上昇を開始します。

  • リフターは、全自動で車内に格納されます。フラッパーを前に倒すことができるので、バックドアからの乗降が容易です。

    リフターは、全自動で車内に格納されます。フラッパーを前に倒すことができるので、バックドアからの乗降が容易です。

車いす固定装置(電動式)の操作 
車いすの後ろから、フックをかけるだけで固定できます。

  • 車いすが固定装置の中央になる位置に乗せ、ブレーキをかけ、カバーを開けます。

    車いすが固定装置の中央になる位置に乗せ、ブレーキをかけ、カバーを開けます。

    〈固定位置のめやす〉
    車いすの後輪の接地面をオレンジの三角マーキングに合わせます。

    ※アンカープレートは、特殊車いす固定ベルトとセットでオーテック扱いディーラーオプションです。

  • 車いすを固定金具を取り出し、オレンジ色の取手部分を持ってフレームが交差する部分左右2カ所にかけます。

    車いすを固定金具を取り出し、オレンジ色の取手部分を持ってフレームが交差する部分左右2カ所にかけます。

  • スイッチを1回押すだけでしっかりと固定できます。

    スイッチを1回押すだけでしっかりと固定できます。

    ※写真は乗車時を再現しています。正しい取り扱い方法については車両の取扱説明書をご参照ください。


寸法

全自動リフターの寸法について

  • 全自動リフターの寸法について
  • ❶プラットホーム長さ1205mm

    ❷プラットホーム幅765mm

    ❸通路幅寸法700mm

※アンカープレートは、特殊車いす固定ベルトとセットでオーテック扱いディーラーオプションです。

シートリクライニング角度

  • 1人掛けリクライニングシート
  • セカンド専用2人掛けシート

※各寸法値はメーカー設計値であり参考値です。(単位:mm)


ご検討にあたってご留意いただきたい点

車いす乗車の目安について

  • 車いす乗車の目安について
  • 車いす乗車の目安について

    ※車いすの形状などによっては、乗車出来ない場合がありますので、事前にデモカーでご確認されることをおすすめします。

リフターに車いすを乗せる時 ※お使いになる車いすの寸法をご確認ください。

  • ●現在使用されている車いすがプラットホーム内に納まり、フラッパーがロック出来る寸法かご確認ください。
  • ●車いすのフットレストがプラットホームや前側フラッパーとぶつからないかご確認ください。
  • ●乗車時には、足をフットレストに乗せてください。

リフターを上昇させ、室内に車いすを入れる時 ※車いすに乗った状態での頭までの高さをご確認ください。

  • ●リフター昇降中に、車いすが車体などとぶつからないかご確認ください。
  • ●バックドア開口部の高さは1,465mm です。地面から車いすの方の頭の高さまでをご確認ください。
  • ●室内高さは1,480mm です。乗車中に頭上スペースをご確認ください。
  • ●リフター操作の際は、車いすのブレーキを必ずかけて、プラットホーム上のフラッパーがロックしていることを確認してください。ロックしていないとリフターは、動きません
  • ●安全のため各操作は介助者が確実に行ってください。

車いす乗車時

[車いす4名仕様]

※必ず格納フロア(折りたたみ式フロア)を展開してから車いすを乗車させてください。

  1. 1. 車いすの乗車順序は、❶❷❸❹の順となります。
  2. 2. ❶❷の車いすが乗車した後に、サードシート、フォース(4列目) シートへ乗車することは、通路が狭く大変困難です。❷の車いすが乗車する前に、シートに乗車してください。
  3. 3. リクライニングタイプの車いすを乗車させる場合は、サード補助席を取り外し、収納してから乗車してください。
[車いす1+1名仕様]
  1. 車いす4名仕様の❸サード位置と同サイズの車いすが乗車可能ですが、足元スペースを狭く感じることがあります。

その他

  • ●オートステップは、地面との距離が近くなっているため、縁石や段差の大きな場所や不整地路等では、路面等と干渉する場合があります。

ストレッチャー乗車の目安について
(リフター上固定装置を使用した場合)

  • 車いす乗車の目安について
  • ※オーテック扱いのストレッチャー固定装置で固定可能なストレッチャーのサイズです。車いす2名仕様のストレッチャー前側固定(車いす1名+ストレッチャー1名+6名モード)は、専用ストレッチャー以外は固定できません。

    ※ストレッチャーの形状などによっては乗車出来ない場合がありますので、事前にデモカーでご確認されることをおすすめします。

車いす乗車時の足スペースイメージ(車いすの長さ973mm)

車いす4名仕様
  • A セカンド位置車いす
  • B セカンド位置とサード位置の間
  • C サード位置とリフター上の間
車いす1+1名仕様
  • B サード位置車いす*

    車いす4名仕様の❸サード位置と同サイズの車いすが乗車可能ですが、足元スペースを狭く感じることがあります。

  • D仕様に車いす4名乗車される場合の注意事項
  • ※必ず格納フロア(折りたたみ式フロア)を閉じてから車いすを乗車させてください。

    • 1. 車いすの乗車順序は、❶❷❸❹の順となります。
    • 2. ❶❷の車いすが乗車した後に、サードシート、フォース(4列目) シートへ乗車することは、通路が狭く大変困難です。❷の車いすが乗車する前に、シートに乗車してください。
    • 3. リクライニングタイプの車いすを乗車させる場合は、サード補助席を取り外し、収納してから乗車してください。

関連情報

▲

ページトップに戻る