機能・装備

標準装備

  • 折りたたみ式スロープ(手動式)

    折りたたみ式スロープ(手動式)

    簡単操作で、すばやく出し入れができます。
    スロープ耐荷重 200kg

  • 乗降アシスト装置(電動ウインチ)

    乗降アシスト装置(電動ウインチ)

    ベルトを電動で巻き上げて、車いすの乗り降りを手助けします。
    昇降能力 120kg

  • 車いす用シートベルト(3点式)

    車いす用シートベルト(3点式)

    安全性を高め、車いすの方の身体を保持します。

  • 車いす用手すり(左右)

    車いす用手すり(左右)

    握りやすく、視認性の良いオレンジ色です。

  • オートエアコン

    オートエアコン

    設定温度に合わせて、自動的に風量を調節し室内を快適に保ちます。

  • リヤヒーター

    リヤヒーター

    後席用のヒーターを装備しています。冬場も暖かく快適です。

  • 夜間照明灯(スロープ部)

    夜間照明灯(スロープ部)

    夕暮れ時や夜間でも、車いすの固定が確実にできます。

  • インテリジェントキー&プッシュエンジンスターター

    インテリジェントキー&プッシュエンジンスターター

    キーを取り出さなくても、ドアのロック/アンロックが可能。エンジン始動・停止もスイッチを押すだけです。

  • スライドドアオートクロージャー(両側)

    スライドドアオートクロージャー(両側)

    ドアが半ドアでも、きちんと閉じてくれる便利な機能です。

先進安全テクノロジーを標準装備

危険な状態になりそうなときも安全な状態に戻すようドライバーをサポートします。

  • エマージェンシーブレーキ*1 *2 *3

    赤外線レーザーレーダーで前方の車両を検知。衝突の危険性があるとメーター内の警告灯とブザーでドライバーに注意を喚起するとともに、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害を軽減します。

    エマージェンシーブレーキ
    エマージェンシーブレーキ
  • エマージェンシーブレーキ作動の流れ

    エマージェンシーブレーキ作動の流れ1
    まずは、衝突の可能性があるかを判断し、ドライバーに注意喚起します。

    赤外線レーザーレーダーが、前方車両との衝突の危険を察知します。

    >>>
    エマージェンシーブレーキ作動の流れ2
    そして、自動で緊急ブレーキが作動します。

    衝突する可能性が高まったときは、警告灯とブザーの作動とともに、自動的に緊急ブレーキを作動します。

  • 踏み間違い衝突防止アシスト*1 *4 *5

    駐車操作など停車~10km/h以下の低速走行時に、前方に壁などの障害物がある場合、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて強く踏み込んでしまうと、ドライバーにメーター内の警告灯とブザーで警告。さらに、自動的にエンジン出力を抑制することで、障害物への衝突被害を軽減します。

  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • エマージェンシーブレーキ/
    踏み間違い衝突防止アシストスイッチ

    スイッチを3秒以上押し続けると、メーター内のエマージェンシーブレーキ/踏み間違い衝突防止アシストOFF表示灯が点灯し、機能がOFFになります。

  • エマージェンシーブレーキ/踏み間違い衝突防止アシストスイッチ
〈先進安全装備の注意事項〉
*1 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
*2 NV100クリッパー リオ チェアキャブのエマージェンシーブレーキは、約5~30km/hの範囲で前方の車両に作動します。また約15km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
*3 原則として歩行者や二輪車は検知しません。
*4 ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。
*5 ガラスの壁面(ガラスドアやショーウインドウなど)や網目状のフェンスなど、レーザーが反射しない場合は作動しません。

ボディカラー/内装

ボディカラー

全3色のボディカラーを用意。

  • スノーパールホワイト(3P)〈#Z7T〉(特別塗装色)
  • シルキーシルバー(M)〈#Z2S〉
  • ガーデニングアクア(M)〈#ZVK〉

※ボディカラーのイメージを表すもので、当該車両と異なります。

スノーパールホワイト(3P)〈#Z7T〉(特別塗装色)

※ボディカラーは、表示する画面の関係で実際の色とは異なって見える場合があります。

※(3P)は3コートパール、(M)メタリックの略です。

※ボディカラーによって納期が異なります。詳細はカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

内装

  • 運転席まわり

    運転席まわり

  • 後部座席

    後部座席

  • 内装

    写真の車いすは参考例です。


操作方法

操作がカンタン。車いすの乗せ降ろしがスムーズです。

  • ①解除ノブを引き上げ、スロープを広げながら接地させます。

    ①解除ノブを引き上げ、スロープを広げながら接地させます。

  • ②ベルトフリーボタンを押します。

    ②ベルトフリーボタンを押します。

  • ③乗降アシスト装置(電動ウインチベルト)を手動で引き出してフックを車いすにかけます。

    ③乗降アシスト装置(電動ウインチベルト)を手動で引き出してフックを車いすにかけます。

  • ワイヤレスリモコンの上ボタンを押して車いすを乗車させ、後部固定ベルト(手動式)のフックを車いすにかけます。再度、ワイヤレスリモコンを操作して車いすを固定します。最後に車いす用シートベルトを着用します。

    ④ワイヤレスリモコンの上ボタンを押して車いすを乗車させ、後部固定ベルト(手動式)のフックを車いすにかけます。
    再度、ワイヤレスリモコンを操作して車いすを固定します。最後に車いす用シートベルトを着用します。


寸法

  • 広い学区ドア、間口も高さもゆったり。
  • 広い学区ドア、間口も高さもゆったり。

※ 前席に168cmの成人が自然な姿勢で着座した時の値。

乗車可能な車いす寸法の目安

  • 乗車可能な車いす寸法の目安
  • 乗車可能な車いす寸法の目安

※ 車いす全幅が620mm以下の場合、ステップ高は60mm以上となります。

ご検討にあたってご留意いただきたい点

  • ●安全のため各操作は介助者が行ってください。
  • ●スロープの出し入れの際には、車両後方及び車内に障害物がないか充分にご確認ください。(思わぬ事故につながる可能性があります。)
  • ●スロープで乗り降りされる際には、車いすの転倒防止のため必ず介助者が車いすの方を後方から支えてください。
  • ●バックドア開口部の高さは1,450mmです。頭が開口部にあたらずに通過できるかご確認ください。
  • ●車いす固定位置の室内高は1,410mmです。頭が天井にあたらずに乗車可能かご確認ください。
  • ●乗降アシスト装置(電動ウインチ)の車いす昇降能力は120kgまでです。

シートベルトの正しい着用方法

  • 肩と腰のベルトはそれぞれ装着してください。
    ①腰ベルトをとめてから
    ②肩ベルトをかけます。
    シートベルトの受けの位置がそれぞれ異なります。

    シートベルトの着用時のご注意

    ●シートベルトは車いすの座面横またはアームレスト下の隙間を通して、腰骨のできるだけ低い位置にぴったりと着用します。

  • シートベルトの正しい着用方法

関連情報

▲

ページトップに戻る