お客様の声(2)

車内は広々、家族そろっての温泉ドライブも快適です。吉川幸一さん(福島県須賀川市)デイズアンシャンテ 助手席スライドアップシート

家族そろっての温泉旅行が趣味の吉川さん一家。長い間、膝の関節炎に悩まされてきた父・是助さんのために購入したのは、デイズアンシャンテ 助手席スライドアップシートでした。

震災時にはセレナで新潟に避難

吉川幸一さんは、父・是助さん、母・ヨシさんとの3人暮らし。26年前、姉が新潟県に嫁いだことを機に地元に戻り、両親と暮らし始めた。「それまで運転免許は持っていなかったのですが、当地での生活にクルマは欠かせません。すぐに免許を取得し、サニーを購入しました」

[日産サティオ店内]

この日、3か月点検のため、日産サティオ福島 須賀川店を訪れた。災害時、同店は窓ガラスが割れたり、玄関前の路面が陥没するなどの被害にあったという

その後、是助さんが仕事をリタイアし、時間の余裕ができるとともに、サニーを駆って家族3人ともに大好きな温泉巡りを始めることとなる。「2か月に1度くらいの割合で、東北や関東地方の温泉を中心に訪れました。群馬県の万座温泉には10回以上行っています。秋田県の乳頭温泉にもよく行きました。温泉旅行は通算で150回近くになると思います」

しかし、徐々に是助さんの膝の変形性関節炎が悪化し始める。「長距離ドライブでは、膝を曲げることが少ない、足元が広いクルマのほうが楽だろう」と、幸一さんが次に購入したのが、セレナだった。「2台のセレナに合わせて15年間乗ることになりました」

ちなみに、2011年3月11日の東日本大震災の際には、「たまたま3人とも自宅にいましたが、すごい揺れでした。水がストップし、給水場に行っているときに、福島第一原発事故のことを聞きました」。数日後、セレナに乗って新潟に向かい、姉宅で1か月ほど避難生活を送ったという。「当時、痛感したのがガソリン不足でした。どこに行ってもない。今でもすぐに満タンにする癖が抜けません(笑)」

膝に負担がかからないスライドアップシート

是助さんが関節炎を患ってから25年、現在90歳の是助さんは、このほかにも左手がマヒし、歩行に杖が欠かせない。日常生活では、ヨシさんの介助が必要だ。月1回の通院のほか、毎週火・木曜日にはデイサービスに通っている。

「病院の駐車場は狭いので、駐車はもちろん、身体の不自由な親父を乗降させるのが難儀でした。加えて、セレナは車高が高いので、乗降の際、膝に負担がかかります」。さらに幸一さんは仕事場まで約25km、片道約45分の通勤となる。「大きなクルマでは、ガソリン代もばかになりません」

そこで、車検時期を迎えたこともあり、新車購入の検討を始めたのが昨年の夏。第一に考えたのが、是助さんが乗り降りしやすいクルマ。「日産のホームページを見ましたが、親父は杖を使えばなんとか歩行できるので、スライドアップシートがもっとも適していると思いました」。燃費のことを考えれば、軽自動車かコンパクトカーが最適だ。「ただ、こうしたクルマは、デザイン的にも女性を意識したものが多いでしょう」

[足置ステップ]

助手席スライドアップシートの足置ステップにしっかり足を乗せてから回転・昇降を操作する

[操作スイッチ]

助手席側のドアの内側に設置されている操作スイッチは、扱いやすい

[シートベルト装着]

乗り込みが完了したら、しっかりとシートベルトの装着も忘れずに

そんなとき、訪れた販売店に展示してあったのが、発売まもないデイズだった。「さっそく乗ってみると、軽自動車とはいえ、車内は想像以上に広い。黒っぽい内装色で、4WDというリクエストをすると、ハイウェイスターを勧められました。スタイルも躍動感あふれ、気に入りました」。かくして、昨年10月、吉川宅に、プレミアムパープル色の「デイズアンシャンテ 助手席スライドアップシート」がやってきた。

開放感を感じる広い車内

[ルームミラー]

ルームミラーにバックビューモニター画像が表示される。「軽自動車なのにこうした装備もあって満足しています」

オプションでアシストグリップも用意されていたが「親父は左手がマヒし、右手では杖を握っているので、アシストグリップは使えない」ため、付けなかった。「乗っていて一番感じるのは、車内が広いということです。天井が高いこともあり、長い時間乗っていても開放感を感じます」。是助さんも「乗降しやすいのはもちろんですが、セレナのときは座っていて、後ろに沈むような感じだったのですが、それがなくなり、安定して座っておれます」

恒例の温泉旅行は、トイレの心配があるので、最近は近場の「かんぽの宿」の利用が多いという。「郡山の宿には『介護機能付家族風呂』なども用意されていて、じつに快適です」

まだまだ少ないとはいえ、バリアフリーのトイレや温泉施設も増えています。どうかこれからも、デイズを駆って、家族そろっての温泉旅行をお楽しみください。

(取材:2014年1月/取材協力:日産サティオ福島 須賀川店)
※記事の内容は取材日現在のものです。現在販売している車種と一部仕様などが異なる場合がございます。
[1]
[2]
[3]
[4]
[5]

是助さんは杖を使って、クルマの近くまで行き、自身で助手席スライドアップシートに座ることができる。幸一さんはシートの回転・昇降を操作する