アンシャンテ レポート

お客様の声を大切に活かし、安全性を最優先に開発した機能満載のスライドアップシートオーテックジャパン開発本部アシスタントチーフプロダクトエンジニア 遠藤俊治氏/LV開発部アンシャンテ開発チーム 津村晃正氏

新型エルグランドは、クラストップレベルの燃費性能、上質の室内空間、堂々たるデザインなど、文字どおり「キング・オブ・ミニバン」だ

LVシリーズの中で、クルマへの乗り込みがラクにできるのが「アンシャンテ」シリーズ。とりわけ、シートが回転・昇降する「スライドアップシート」は、皆様から「乗り降りしやすい」と好評をいただいています。
今回、新型エルグランドにも採用された多機能スライドアップシートの開発を担当したお2人に、開発の経緯や苦心した点、今後のテーマなどについてお話をうかがいました。

4つの機能を搭載

[photo]

遠藤俊治氏(左)と津村晃正氏(右)

スライドアップシートには、次の4つの機能があります。
多機能ワイヤレスリモコン=シートの昇降、速度変更、リクライニング、スライドの機能をリモコンに集約。
シート回転・昇降の速度変更可能=人が乗っていないときにはスピードアップするなど、回転・昇降の速度を変更できます。
座る姿勢がゆったり=足置きステップをさらに下に設置することで、ひざを大きく曲げることなく座れます。
シートの下降する高さをメモリー=シートを使用するシーンに合わせてお好みの位置にメモリー設定できます。

[photo]

手にフィットするデザイン。ボタンも大きく使いやすいように工夫されている

これらを開発したきっかけは、いずれもお客様の声でした。「販売店や営業スタッフから話を聞くことはもちろんですが、展示会等の会場で、直接お客様の声をお聞きすることは、とても重要です。厳しいお叱りもありますが、そこから多くの改善点が見つかります」(遠藤氏)。例えば、①の多機能ワイヤレスリモコンは、「かがんだ姿勢でシートの調整をするのは大変。手元でできたり、介助する人が運転席に座ったままでも操作できたらいいのに」といったお客様の声がきっかけでした。また、②の速度変更も、「特に雨の日など、人も乗っていないのにシートの回転・昇降スピードがゆっくり。すばやく出し入れできたらいいのに」といった声にお応えしたものでした。

安全が最優先

[photo]

「足置きステップ」は、従来型より低い位置に設置したので、ゆったりと座ることができる

「開発に際しては、コストの他に開発期間も決められています。新しい技術をゼロから開発するということはもちろんですが、現在ある技術を駆使してより良い機能を実現することが重要であり、もっとも苦労している点です。例えば、③の足置きステップの設置位置変更をする際には、足置きステップをこれまでよりも下に設置すると、シートが回転する際、車体に干渉してしまいます。そこで回転するときに、昇降する力を使ってシート全体を若干傾けるように工夫して、座る姿勢のゆったり具合と車体と干渉しないことを実現しています」(津村氏)

[photo]

スライドアップシートの座面高さをお好みの位置で調整してメモリー設定できる(写真左:シートを低めに設定した場合/写真右:シートを高めに設定した場合。Photo:エルグランド)

[photo]

シート左側下部のメモリースイッチを長押しすることで設定/解除できる(Photo:エルグランド)

開発に際し、もっとも意を尽くしていることは、「さまざまな条件で使用されることを想定して、何度も実験を繰り返し徹底的に検証をしています。例えば、②の速度変更では、スピードアップと安全性の両立を図るため、スタッフが何日にもわたって試したり、モニターの意見を聞いています」(遠藤氏)

今後のLV開発におけるテーマは、「シンプルな機構で、最大の効果を発揮すること。使いやすく、お求めやすい価格で提供できればと思います」(遠藤氏)、「どんな小さなお客様の声でも大切にしていきたい。その意味でも展示会等にこれまで以上に出かけて、皆様のご意見をうかがいたいと思います」(津村氏)

これからのLV開発にご期待ください。

(取材:2010年8月)
[photo]

付属の「多機能ワイヤレスリモコン」で、シートのスライド、リクライニングの角度変更ができるのはLVだけのオリジナル

[photo]

着座姿勢をサポートする、「胸部固定ベルト」を標準装備

2010年8月発表・発売

新型エルグランドアンシャンテ
セカンドスライドアップシート

使いやすい4つの機能を搭載したスライドアップシートを採用
[photo]
2010年7月発表

新型マーチアンシャンテ
助手席回転シート

新開発の安価な回転ユニットを採用。オプションのようにお選びいただけます
[photo]
※2011年1月以降のお届けとなります。
2010年12月発表予定

リーフアンシャンテ
助手席回転シート

リーフドライビングヘルパー
オーテックドライブギア タイプe

話題の電気自動車、日産リーフに早くもLVが登場
[photo]