お客様の声(2)

軽自動車とは思えない広い車内。介助者が車いすの隣に座れるので、とても安心です――静岡県浜松市 ケアハウス「あんしんの里」――クリッパーチェアキャブスロープタイプやキャラバンチェアキャブリフタータイプを使い、個々の利用者の事情に合わせた送迎体制を敷いている「あんしんの里」。大きな車いすの搭載も可能なクリッパーをはじめとして、「福祉車両は乗りやすくて、とっても楽」と、利用者からも好評です。

軽自動車でも大きな車いすを搭載できる

[施設玄関]

クリッパーチェアキャブスロープタイプとキャラバンチェアキャブリフタータイプを使い、むだのない送迎を実施している

「安全・安心を最優先した、しっかりとした送迎体制を敷くことで、ご利用者はもちろん、ご家族からも厚い信頼をいただいています」と語るのは、あんしんの里の原田供枝デイサービスセンター課長。

静岡県浜松市の東部に位置するあんしんの里は、定員60名のケアハウスのほか、定員40名のデイサービス、定員20名のショートステイなどのサービスを提供している。このうち、送迎が必要なのがデイサービスとショートステイ。デイサービスにはキャラバン3台を含む5台で、ショートステイにはクリッパーをはじめとする3台で送迎ローテーションを組み、むだのない送迎体制を確立している。

主にショートステイ利用者の送迎や、ケアハウス利用者の通院に使われているのがクリッパーチェアキャブスロープタイプ。3年前の施設オープンの際に購入したが、「このあたりは、狭い道が多いので軽自動車はすごく便利」(水野利紀ケアハウス相談員主任)と、送迎に欠かせない存在だ。

[顔写真(3名)]

左から原田供枝デイサービスセンター課長、伊藤利明デイサービスセンター副主任、水野利紀ケアハウス相談員主任

クリッパーチェアキャブスロープタイプの最大の魅力は、軽自動車にもかかわらず、広い車内を確保していることだという。「最近はリクライニングタイプなど、さまざまな種類の車いすを使用される方が増えています。十分な室内長に加え、足元・頭上にもゆとりがあるので、大きな車いすにも対応可能です」(水野主任)。また、折りたたみ式の介助者シートが用意されているので、車いすのそばに介助者がついていることができ、家族、スタッフも安心して、送迎に送り出せるという。

自在な室内レイアウトが可能に

[キャラバンチェアキャブリフタータイプ]

キャラバンチェアキャブリフタータイプのリフターは、音が静かで、動きがなめらかな全自動だ

一方、いちどきに多くの利用者の送迎を行わなくてはならないデイサービスの送迎では、キャラバンチェアキャブ2台をはじめとする3台のキャラバンが活躍している。「何よりも足元が広く、ゆったりと乗ることができるのが魅力です。また、電動式大型スライドステップや乗降用手すりが用意されているので、ワンボックスカーにもかかわらず『うちの乗用車よりも、ずっと乗りやすい』とおっしゃるご利用者もいらっしゃいます」(伊藤利明デイサービスセンター副主任)

「古いタイプに比べると、新しいクルマは改良が重ねられ、どんどん乗りやすくなっています。例えば、M仕様では、セカンドシートを折りたためることで、その日のご利用者の状態に合わせて、さまざまな室内レイアウトが可能です。いわば1台で何役にも使うことができるわけで、使い勝手が非常に良くなりました」(伊藤副主任)

[室内]

ボタン一つで車いすを固定できるのがとても便利

[室内]

リフターのシートベルトを装着

[室内]

車いすの固定は、車いすの後ろ側から左右2か所を固定するだけ

[室内]

足元も広くゆったりとした室内。利用者にも介助者にも快適な空間だ

購入にあたっては、試乗車を持ち込んでもらい、運転するスタッフに試乗してもらった。「女性スタッフが多いのですが、最初はその大きさに尻込みしていた彼女たちも、実際みずから運転し、広い視界や小回りの良さにびっくりしていました。また、車いす固定装置も他の車に比べ、簡単にできると好評でした」(伊藤副主任)

笑顔があふれる、あんしんの里

[スタッフ]

あんしんの里のデイサービスは年中無休。若いスタッフが365日入所者、利用者の生活を支える

あんしんの里を訪れてびっくりするのは、入所者、利用者の皆さんの表情が明るいこと。それぞれが同所での生活を心から楽しんでいるようだ。取材当日は、折しも近くの天竜川畔で花火大会が行われるとのことで、屋上のバルコニーには生ビールのサーバーが用意されていた。

3台のキャラバンは、デイサービスの送迎以外にも、買い物などのレジャーにも利用されている。「この間も、入所の方の希望者を募り、キャラバンで行った買い物では、皆様の目が輝いていました」(原田課長)。こうした楽しい時間の創出に、日産LV(ライフケアビークル)が、一役買っているとしたら、こんなにうれしいことはありません。

[クリッパーチェアキャブ]

クリッパーチェアキャブのスロープは幅が760mmあるので、大きな車いすでも安心して乗降できる

[バックドアストラップ]

バックドアの開閉に便利なバックドアストラップ(標準装備)

[車いす固定]

後ろ側の車いす固定装置(手動式)を装着する

[車いす固定]

車いすの前側の車いす固定装置(手動式)を装着する

[施設全景]

ケアハウス「あんしんの里」

〒435-0005 静岡県浜松市東区安新町33-1
TEL.053-421-3437

from Dealer

[顔写真]

石田 誠(58歳)
浜松日産自動車
業販部
業販課課長

送迎は毎日のこと。トラブルがあっては、お客様もご利用者もとても困ります。その点、アフターサービスには普通車以上に気をつかっています。点検・整備の際に立会い、整備担当者にアドバイスをしたり、注文を出すこともあります。

また、あんしんの里さんについては、点検や整備のご案内などを、サービスにまかせず、私自身が責任を持って行うようにしています。

幸い、あんしんの里さんからは、信頼していただいているようです。これからもそうした信頼におこたえてして、よりすばらしい日産LVをお届けしようと思います。